2015年08月25日

へっぽこトリオ、いざっ!八ヶ岳へ!

8月21日(金)・22日(土)と一泊二日で八ヶ岳の硫黄岳へ。
天気予報は微妙。でも山は行ってみないとわからないからね。今回もへっぽこトリオです。土・日は混むんじゃね?ということで無理矢理休みにして(若干一名除く)金・土という日程で。
私が豊橋なので豊橋から名古屋・江南と回り小牧から中央道へ。中央道から諏訪ICで降りてそこから下道。う〜ん、遠いなぁ、八ヶ岳。

2015-08-22-01.JPG

八ヶ岳は苔の山でした。すんばらしいです。
午前2時前スタートで桜平駐車場に着いたのが7時過ぎ。5時間以上かかってるよ…。
途中、駒ヶ根SAで休憩と朝ごはん。

2015-08-22-02.JPG

ここから悪名高きダートの始まり。ほんと道幅狭いしデコボコだしスピードは出せない。

2015-08-22-02-1.JPG

さ、準備をしてレッツラゴー!(死語か?)

2015-08-22-03.JPG

2015-08-22-04.JPG

天気が怪しいのでザックカバーを付けて出発。想像以上に楽しいところですね。苔苔苔…と、まるで鶏が鳴いてるようなコケコケコケコケ…と、そんなわけないけど見ていて飽きないです。青空もいいけれど、このしっとり感がまた風情があっていい!イッパツでファンになりました。

2015-08-22-05.JPG

2015-08-22-06.JPG

笑えるほど楽しいっすよ。いやぁ、来てよかったなぁ。

夏沢鉱泉で登山届けを出してオーレン小屋まで。

2015-08-22-06-1.JPG

2015-08-22-07.JPG

2015-08-22-08.JPG

この木のトンネル?よく見るよね。

2015-08-22-08-1.JPG

2015-08-22-09.JPG

写真を撮ったりキョロキョロしたりして全然進まないぞ。コースタイムは一応80分なんだけど絶対無理だ。ものくろおじさんが写真に目覚めちゃってさ、なんかやたらに立ち止まって撮ってる。苔ラブらしい。コケスキーものくろだ。

2015-08-22-09-1.JPG

しっかし楽しいなぁ。わくわくどきどきですがな。

2015-08-22-10.JPG

で、オーレン小屋に到着。80分のところが120分以上!でもいいのだ!へっぽこトリオだから。受付を済ませてテントを張ったらまずは夏沢峠まで行ってみよう。翌日の朝、暗いうちから行動するからその下見もかねてね。夏沢峠までは25分ほどなのでなんとかなるでしょう。空は相変わらずの曇り空。霧なのか雨なのかわからないけどしっとり濡れてきた。別のことでしっとり濡れるんならなぁ…。

2015-08-22-11.JPG

今宵の我が家。お世話になります。奥はものくろ隊員の。

2015-08-22-12.JPG

2015-08-22-13.JPG

オーレン小屋の中にトイレはあります。水洗です。すげー綺麗です。町の中と変わらない。
じゃ、出発です。

2015-08-22-14.JPG


2015-08-22-15.JPG

2015-08-22-16.JPG

2015-08-22-17.JPG

相変わらずの苔の世界。天気はよくないけど、ほんと楽しいわ。

2015-08-22-17-1.JPG

夏沢峠到着。やっぱり真っ白だ。硫黄岳はあきらめて箕冠山の方へ。あ、雨が降ってきたよ。

2015-08-22-18.JPG

コマクサが咲いてた。群生してるんだけどもう遅かったね。

2015-08-22-19.JPG

へっぽこトリオ。相変わらずのダラダラ歩き。さぁ、オーレン小屋へ戻ります。

2015-08-22-20.JPG

オーレン小屋前の百葉箱の温度は…13.3度の湿度99%!でもね、温度が低いせいかじめじめ感はないんですよ。さぁ、早めの食事をして天気もよくないから寝るしかないか。と午後5時には就寝!って早すぎない?隣のテントのものくろ隊員はアッという間に高いびきだ。うらやましいぜ。うとうとしてるとテントにポツポツと雨が当たりだしたと思ったら、大雨だ。すげー降ってきた。こりゃ明日もだめか?寝たのか寝ないのかわからないうちに朝の3時。外に出てみると雨は降ってないけど曇り空みたい。

2015-08-22-21.JPG

ものくろ隊員の強烈なヘッドライトで木々を照らしてもらい撮ってみた。

ジーク隊長が行く気満々で「さぁ、早めの朝食をすませて硫黄岳へ行きますよ。」と。朝の4時20分にヘッドライトを点けて歩き出します。

2015-08-22-22.JPG

夏沢峠。おっ、東の空、明るいじゃん!ちょっとわくわく。

2015-08-22-23.JPG

なんかさぁ、雲も流れて周りが見えてきたじゃんか。それにしても半端なく雲の流れが速いなぁ。
さぁ、この感じなら硫黄岳の爆裂火口も見れるかも?と淡い期待を抱いて歩き出しますへっぽこトリオ。

2015-08-22-24.JPG

2015-08-22-25.JPG

おぉ、待望の朝日だ!わくわくするぜ。

2015-08-22-26.JPG

2015-08-22-26-1.JPG

2015-08-22-27.JPG

刻一刻と景色が変わっていく。ちょっと気を許すともう雲で覆われて真っ白だ。一時も目を離せない。それにしても綺麗だなぁ。これ青空の時だったら凄いんだろうなぁ。

2015-08-22-28.JPG

太陽ゲット!

2015-08-22-29.JPG

2015-08-22-30.JPG

こりゃ硫黄岳も期待できるかも?はやる気持ちを抑えてゆっくりと、確実に硫黄岳に歩を進めます。が…
アッという間に白の世界に。おまけに爆風ですよ(泣)

2015-08-22-31.JPG

2015-08-22-32.JPG

真っ白な世界。風が強くて横からくる風と霧雨?の影響で片方のメガネのレンズだけが濡れて視界不良。
なんだよ〜。ケルンがかろうじて確認できるから山頂に向かってるってのはわかるんだ。しかし、こりゃ修行じみてきたなぁ。

2015-08-22-33.JPG



硫黄岳山頂。ものすごく広い山頂なんだけど真っ白ですがな。景色が見たかった。

2015-08-22-35.JPG

さぁ、下山開始。爆裂火口も見れないし仕方ない。心残りです。

2015-08-22-36.JPG

赤岩の頭。ここまでくると風がおさまってる。じっとしてると無の世界だ。

2015-08-22-37.JPG

2015-08-22-38.JPG


へっぽこトリオ。左の方、モンゴル出身ですか?

2015-08-22-39.JPG

こりゃ、なんていう鳥なんですかね?
さぁ、オーレン小屋にかえりましょうね。

2015-08-22-40.JPG

赤岩の頭方面からも苔苔苔の世界。いいなぁ。

2015-08-22-41.JPG


2015-08-22-42.JPG

2015-08-22-43.JPG

下りも楽しい苔祭り。曇りでも楽しい苔祭り。

8時半にはテント場に到着してテントを畳んでパッキング。しかし昨日の雨のおかげでびしょ濡れで重いんですけどね。後片付けをして9時半すぎに下山開始。桜平まで帰る途中、登ってくる人がたくさん。ほんとうにたくさんの人とすれ違ったね。やっぱり金土にして正解だったかも?

2015-08-22-44.JPG

2015-08-22-45.JPG

帰りの林道にて。あぁ、帰りたくないなぁ。

途中、公共の温泉で(400円)汗を流し、諏訪の町でとんかつを食べて帰宅の途へ。

2015-08-22-46.JPG

すげー肉の厚いとんかつでした。う、うまいっ!

桜平を11時半前に出て、江南と名古屋市北区により豊橋に着いたのは午後7時ごろでした。車での移動距離は600キロちょい。もうちょっと近いといいんだけど。八ヶ岳は遠い。
もう一度行く?と聞かれれば、「イエス!」と答えます。

2015-08-22-47.jpg

コースはこんな感じでした。
いやぁ、楽しかったよ。ものくろ隊員、ジーク隊長、ありがとね。へっぽこトリオ万歳!
posted by 脂身 at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みんな早起きだねぇ〜(^_^ゞ
とても真似できないや…

キレイなホシガラスいいなぁ〜
Posted by FOX at 2015年08月26日 00:23
硫黄岳、晴れなくて残念でしたね。
さぞかし、壮大なパノラマでしょうね。
でも、苔むした景色、朝焼けとっても綺麗ですね。
憧れます。

へっぽこ登山隊、次はどちらへ?
Posted by まぁ〜 at 2015年08月26日 13:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424780594

この記事へのトラックバック