2016年08月04日

あぁ、燕岳…

先月の29日(金)・30日(土)で初の北アルプス。人気の燕岳へ。
一週間前の天気予報では雨模様だったので丹後半島へ走りに行くつもりでしたが、二日前の天気予報では快復傾向。天気図をみるとイマイチ不安が残るけどまぁ、多少は絶景が拝めるんじゃね?と。去年のちょうど今頃は木曽駒ケ岳でウハウハしてたんですね。絶景のオンパレード。はたして今年も絶景が拝めるか…。

いつもの、へっぽこトリオです。豊橋に深夜0時半過ぎに出発。(老体にはきついのよ)そして名古屋でものくろさんをピックアップ、で、江南で爺クさんをピックアップして中房温泉まで。恵那の辺りで雨。その後もすっきりしない天気。約330キロは遠いよ。午前6時半ごろ第一駐車場へ。あれ?空いてないですよ。今日、平日ですよね?しょうがない、第二駐車場へ…あれっ?あぁ、なんとか一台止まれます。ぎりぎりセーフ。さすがに人気の燕岳。まさかここまでとは。今回はわたくしの体調を考慮してテント泊でなく山小屋です。燕山荘へ。
午前7時に駐車場をスタート。空は正真正銘な曇り空(泣)湿度バリバリの蒸し暑さ。標高1400メートルあっても蒸し暑い。

2016-07-29-01.JPG

泊まった燕山荘と奥に燕岳。一瞬の晴れ間を狙って。


スタートからいきなりの急登。ネットなどの情報どおりです。でも整備はしっかりしてるし迷うことはないですね。それにしても蒸し暑い。汗が湧き出てくる感じ。ものくろ隊員は調子がイマイチなのか口数も少ない。でもそのかわり汗が多いんですけどね。彼を奮い立たせるために「途中の合戦小屋までいくとスイカが食べれるよ」と。これが功を奏したのかものくろ隊員は無類のスイカ好きでした。がんばるがんばる。がんばる君。

2016-07-29-01-1.jpg

第二駐車場。

2016-07-29-02.JPG

ここから登り始めます。

2016-07-29-03.JPG

燕山荘まであと4.5キロ地点。暑い暑い。蒸し暑い。

2016-07-29-04.JPG

2016-07-29-05.JPG

2016-07-29-06.JPG

合戦小屋まであと5分。
蒸し暑い。眺望なし。

2016-07-29-07.JPG

合戦小屋。

2016-07-29-08.JPG

待ちに待ったスイカですよ、スイカ王子。この満面の笑み。すばらし〜。ちなみにこの大きさで800円。ちなみにスイカ王子、帰りのくだりでも食べてたよ。次の日も家で食べたそうな。どんだけ〜。

2016-07-29-09.JPG

青い空は見えないから花でも。名前はわからないんですけど。

2016-07-29-10.JPG

2016-07-29-11.JPG

おぉ、ちょっとだけ全貌が見えたよ。

2016-07-29-12.JPG

2016-07-29-12-1.JPG

2016-07-29-13.JPG

2016-07-29-14.JPG

2016-07-29-15.JPG

2016-07-29-16.JPG

あっ!という間に真っ白な世界。

2016-07-29-17.JPG

2016-07-29-18.JPG

燕山荘前に到着。でも真っ白だ〜。それに凄い人だ〜。平日の金曜日だぞ。

2016-07-29-19.JPG

今宵の寝床。2畳の部屋に6人!ひとりあたり半畳。180×45センチだ。棒になって寝ようね。

お昼に外でカップラーメン食べてコーヒー飲んで、やることないから眺望悪いけど燕岳まで行きますか。どうします?ものくろさん改めスイカ王子?

今日のお空と同じく真っ白になったスイカ王子を残しておじさん2人、燕岳を目指します。往復1時間ぐらいらしい。まぁ、時間はたっぷりあるからね。

2016-07-29-20.JPG

2016-07-29-21.JPG

おっと!頂上が見えたよ。でもすぐ隠れちゃったけどね。

2016-07-29-22.JPG

反対側には燕山荘が。気持ちいい場所。これで天気が良かったら最高なんだろうけど。

2016-07-29-23.JPG

2016-07-29-24.JPG

これが有名なイルカ岩だね。バックは曇りだけど…。

2016-07-29-25.JPG

ユリも咲いてる。

2016-07-29-26.JPG

燕山荘方面。

2016-07-29-27.JPG

先に燕岳頂上。

2016-07-29-28.JPG

女王コマクサも心なしか元気がないような。

2016-07-29-29.JPG

2016-07-29-30.JPG

山ガール。

2016-07-29-31.JPG

燕岳登頂。ちょっと感激がないのよ。この景色ではね。

2016-07-29-32.JPG

雷鳥さんには会えず。天気が悪いと会える確立が高いって聞いたんだけど。こいつは居たけど。ホシガラスだよね。硫黄岳行ったときもいたな、こいつ。

2016-07-29-33.JPG

ちょっとだけ夕陽が…。

2016-07-29-34.JPG

綺麗な夕暮れにも会えなかったよ…。

2016-07-29-35.JPG

午後5時からの夕食。この日は夕食は5時、6時、7時と三回に分けられてました。偶然にも合戦小屋でお会いした山ガールのお姉さんたちと同じテーブルでした。ご飯もよそってもらってありがとう。とても綺麗な手が印象的でした。ほ、ほ、ほれてまうやろっ!って死語ですか?

2016-07-29-36.JPG

店主のホルン。すばらしい。店主曰く「明日はすばらしいご来光が期待できるでしょう」とのこと。

2016-07-29-37.JPG

ちょっと自撮り。山の中、やるこたぁないよね。午後7時過ぎにはお眠りタイム。3畳の部屋に一人減って5人でした。それでも十分キツイんですけど。寒いどころか暑い暑い。今回は真ん中じゃないのでイビキのステレオ放送はなし。ステレオ放送じゃないってだけで今夜もイビキは2人とも健在でしたよ。
で、午前2時ごろ、あれっ?なんか雨音が…雨音はショパンのしらべ。だっけ?小林麻美。懐かしいなぁ。じゃなくて雨音だよ、雨音。三時ごろから星も出てご来光ばっちりじゃなかったのかよ!
午前3時、まだ降ってます。午前4時。まだ降ってます。そうそう、4時15分から朝食でした。早めの行動ですけど、なんだかなぁ。午前5時、ジャージャー降りです。午前6時、ちょっと小降りになりました。はい、あきらめました下山開始です。荷物をまとめて午前6時半過ぎに下山開始。

2016-07-29-38.JPG

真っ白な中、下山開始。なぜかスイカ王子は元気いっぱい。羽の生えた子豚のように軽やかに下っていきました。なんか怒れるなぁ。悔しいなぁ。全然辛そうじゃないもん。余裕の笑みさえ浮かべている。

2016-07-29-39.JPG

2016-07-29-40.JPG

余裕で佇むスイカ王子。

午前10時過ぎに無事下山。有明荘で温泉に入ってさっぱりして帰りましたとさ。

2016-07-29-41.JPG

途中で見つけたサルの親子。

2016-07-29-42.JPG

最後にわさび大王によってわさびソフト(360円・ちょっと高いね)を食べて330キロ走って自宅へ。
ちょっと不完全燃焼でしたが、まぁ、お姉さんがたとも知り合えましたし無事に帰ってこれたから良しとしましょうね。きっと天気が良かったらすばらしい眺望だったんだろうけど。

また行きますかね。へっぽこトリオで。
みんなありがとう。
posted by 脂身 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック