2017年08月09日

木曽駒ヶ岳へ

8月4日・5日と中央アルプス・木曽駒ヶ岳へテン泊へ。
リーヴァイが亡くなってから引き籠り状態の俺を誘ってくれた友に感謝。ありがとね、爺クさんとものくろさん。ほんと一か月ほど放心状態で運動なんてなんにもしてない状態。はたして13キロほどあるリュックを背負って歩けるのか?救いはテン場までの距離が短いこと。2時間も歩けば楽勝ですから。
天気予報も二転三転、正直期待してなかったんだよね、金曜日の午前中は大丈夫でも夕方から翌日は雨か曇り空かなぁ、って予想。いや、考えるのはよそう。(これ、韻をふんでる、というかダジャレね。)

2017-08-04-06.JPG

リーヴァイと一緒だ。おい、一緒にあそこまで登るぞ。


午前3時半にいつもの場所で待ち合わせ。なので一番遠い俺は2時過ぎに出発だ。3時半前に二人をピックアップして一路、駒ケ根SAへ5時前に到着。ここで朝ごはんを食べて、当日のお昼を調達。で、菅の台バスセンターへ。あれっ?金曜日なのにかなり賑わってる。久しぶりの好天だからかなぁ。バスとロープウェイの切符を買ってバス待ち。6時始発なんだけど賑やかなので臨時バスも出るらしい。

2017-08-04-02.JPG

チケット売り場。空は青空。おぉ、こりゃ期待できるかな?

で、3番目のバスに乗車して(6:25)しらび平駅まで。ロープウェイに乗り換え千畳敷駅まで。

2017-08-04-03.jpg

千畳敷駅、気温は17℃。湿度59%。7:17分。

で、登山届を出して駅の外に出てみると…

2017-08-04-04.JPG

2017-08-04-05.JPG

うわぁ、この景色ですよ。やっぱりお山は天気次第ですね。テンションあげあげ!

2017-08-04-06.JPG

さぁ、リーヴァイ、まずは乗越浄土までひと踏ん張りだ。あそこまで行けば後は楽勝だでね。

2017-08-04-07.JPG

登り始めてしばらくすると…あれよあれよと真っ白な世界に!あぁ、テンション下げ下げだ!

三人とも無言のまま、黙々と脚を動かします。すでに汗でビシャビシャですだ。やっぱり久しぶりだとキツイなぁ。一人ものくろリーダーだけはすこぶる元気。なんでも5キロの減量で調子いいそうな。でも相変わらず方向音痴にはまいったけどね。

2017-08-04-08.JPG

乗越浄土到着。およそ1時間ぐらい。あぁ、しんどいぞ。しかも周りは真っ白だし。

2017-08-04-08-1.JPG

お、ちょいと視界が開けてきた。あのピークが中岳だね。あそこを下ればテン場だよ。

2017-08-04-09.JPG

中岳から下を見下ろすと頂上山荘とテン場が見える。奥のピークが木曽駒ヶ岳山頂。

2017-08-04-10.JPG

まずはテントを張って荷物を置いて受付を済まして(テン場代が大幅値上げ、1000円になってたよ)身を軽くして山頂へ。この時はまた青空が見えていた。午前10時過ぎ。
サブザックにお昼のご飯を入れて山頂へ。軽くなったはずなのになんか重い。相変わらず周りは真っ白だ。

2017-08-04-11.JPG

木曽駒ヶ岳山頂、2956m。

2017-08-04-12.JPG

頂上木曽小屋方面。白くなければ遠くに御嶽山が見えてるはず。


2017-08-04-12-1.JPG

真っ白な世界。明日はどうだろう?予報だとあんまりよくないみたいだけどさ。そうそう、山頂ではソフトバンクさん圏外です。ドコモさん、オッケーです。頑張ってくださいよ、ソフトバンクさん。

そそくさとお昼ご飯を済ませてテン場に戻りますだ。絶景が見られないのがちょっと残念ですけどね。

2017-08-04-13.JPG

2017-08-04-13-1.JPG

今夜のお宿。夕方の時点でおよそ25張ほどでした。

2017-08-04-14.JPG

2017-08-04-15.JPG

時間はたっぷりあるのでちょいと散策。でもやっぱり真っ白な世界だよ。

2017-08-04-16.JPG

日が沈む前にちょこっとだけ焼けた。でもアッという間に真っ白の世界。

2017-08-04-17.jpg

7時過ぎにおやすみ。でもなかなか眠れない。隣の場所にテントを張ったものくろさんは大いびきだ。いいなぁ、どこでも寝られてさ。
夜中の12時過ぎにテントから外を見てみると月がきれいに輝いている。おぉ、これは期待できるんじゃないの?明日のご来光が!
で、午前3時過ぎ、外に出てみると!な、なんと!生まれて初めての天の川!と満点の星!あんなに沢山の星が見えるのね〜。あわててカメラで撮ってみたけど設定ミスでオジャン(泣)次回に期待です。でも、まあ、心の中にはしっかり収めたのでね。しかし、きれいだったなぁ。でも時間とともに見えなくなっちゃったけど。
そのままご来光を拝みに山頂へ向かいます。意外と風が強い。でもそんなに寒くないのが救いかな。

2017-08-04-17-01.JPG

2017-08-04-18.JPG

2017-08-04-19.JPG

2017-08-04-20.JPG

4時過ぎに山頂へ。うわぁ、こりゃたまらん風景ですよ。雲海ありの360度絶景ですね。

2017-08-04-20.JPG

2017-08-04-21.jpg

2017-08-04-22.JPG

来てよかった。ありがとう、お二人さん。

2017-08-04-23.JPG

ご来光を待つ人たち。

2017-08-04-24.JPG

南アルプスの向こうには富士山!絶景ですがな。

2017-08-04-25.JPG

リーヴァイ、来て良かったよな。お前と一緒にご来光を拝もうね。

2017-08-04-26.JPG

雲海の向こうに北アルプスもバッチリ!

2017-08-04-27.JPG

右下にテン場、上、奥に富士山。たまらんとです。

2017-08-04-28.JPG

奥に見えるは霊峰・御嶽山。まっすぐに上がってるのは噴煙なのかなぁ?合掌。

2017-08-04-29.JPG

何を想う、ものくろリーダー。(あぁ、スイカが食べたい)

2017-08-04-30.JPG

テン場から中岳から宝剣岳。遠くに富士山。ずっとこうしていたいぐらい。

2017-08-04-31.JPG

さ、後ろ髪をひかれる思いで、テン場に戻ります。

2017-08-04-32.JPG

2017-08-04-33.JPG

テン場の風景。朝食を取ってテントをたたみ、ザックにしまって下山の準備。ほんと、来てよかったよ。

2017-08-04-34.JPG

さぁ、リーヴァイ、帰るよ。

帰りは中岳には登らず、巻き道を通っていきます。

2017-08-04-35.JPG

御嶽山、やっぱりあれは噴煙だよなぁ。合掌。

2017-08-04-36.JPG

2017-08-04-37.JPG

2017-08-04-38.JPG

絶景ばかりで中々前に進みません。相変わらずの、へっぽこぶりです。

2017-08-04-39.JPG

2017-08-04-40.JPG

2017-08-04-41.JPG

2017-08-04-42.JPG

こりゃたまりませんわ。下山したくないけどしょうがないね。

2017-08-04-43.JPG

2017-08-04-44.JPG

前日には見ることのできなかった千畳敷駅(赤い建物)。いやぁ、素晴らしいじゃんか!

2017-08-04-45.JPG

2017-08-04-46.JPG

これこれ、この青空でなくっちゃ!

2017-08-04-47.JPG

あれれっ?雲が下から湧いてくる。

2017-08-04-48.JPG

2017-08-04-49.JPG

2017-08-04-50.JPG

陽がさして緑と花がきれいだよ。緑と黄色と青空だ。

2017-08-04-51.JPG

2017-08-04-52.JPG

2017-08-04-51-1.jpg

2017-08-04-53.JPG

2017-08-04-54.jpg

さぁ、もうじきおしまいだ。さびしいぞ。

2017-08-04-55.JPG

剣ヶ池に映ってる。

2017-08-04-56.JPG

アッという間に雲が湧いてきた。この後、真っ白に。

まぁ、丁度良かったといおうか、これから散策及び登っていく人たちには悪いですがね。申し訳ないです。
帰りのロープウェイも混雑することなく(午前中だったから)バスもぎりぎりで乗車できました。下山後、こまくさの湯で二日間の汗を流し前回と同じように明治亭でソースかつ丼を食べて帰ってきました。

2017-08-04-57.JPG

値段はちょっとお高め(自分比)ですが、まぁ、満足ってことで。

2017-08-04-01.JPG

リーヴァイ、次はどこに行こうか?

爺クさんにものくろリーダー(すいか王子)、ほんとに誘ってくれてありがとうね。
posted by 脂身 at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: