2020年02月02日

20200201富士山を愛でに

久しぶりの投稿です。今年になって初めてだ。facebookだと後で読み返すのに探すのが面倒なんだよね。今年はこまめにブログの更新をしよう。てなわけで、今年一発目(といってももう2月なんだけど)は富士山へ。
去年の年末から1月末近くまで絶不調でしたよ。なので自転車も久しぶりなので平地で富士山が見える場所ということで何度も行っている豊橋始発05:38に乗り用宗07:15着。ここから走り始めます。自転車は折り畳みのKHS F20-Rです。こいつとはもう10年以上の付き合いだ。ちょっと重たいんだけど(当時としては)よく走る奴で180キロは行けたなぁ。今はもうだめだめ。よく走って100キロが精いっぱいだ。

2020-02-01-001.jpg

2月1日はわが友リーヴァイの誕生日。生きていれば15歳になってました。彼と一緒に富士山詣りです。


2020-02-01-01.JPG

朝5時過ぎの豊橋駅。2月10・11日に行われる鬼祭りの鬼さんと一緒に。

2020-02-01-03.jpg

リーヴァイと一緒。

2020-02-01-02.JPG

豊橋始発05:38で用宗まで。去年のダイヤ改正で沼津まで乗り換えなしで行けるので(各駅停車だけど)便利。以前は浜松駅で乗り換えでした。

2020-02-01-04.jpg

さぁ、スタートです。(07:40ぐらい)豊橋に比べると風も弱く寒さも弱い。う〜ん、うらやましい。


2020-02-01-05.jpg

安倍川からの富士山、あれまっ雲が出てんじゃん。ちょいとテンション下がります。雲が流れるのを期待して三保の松原まで。

2020-02-01-06.JPG

通称いちごロードの横の自転車道を通っていきます。さぁ、三保の松原だ。

2020-02-01-07.jpg

2020-02-01-08.jpg

三保の松原からの(正確にはすこし手前)富士山。雲がかかっていたので暫く待ってました。寒くないのが救いです。

2020-02-01-09.jpg

2020-02-01-10.jpg

2020-02-01-11.jpg

2020-02-01-10-1.JPG

1時間近くはいたんじゃないかな。ぼ〜っとしてた。何時間でもいられるよ、たぶん。

2020-02-01-12.jpg

2020-02-01-13.jpg

2020-02-01-14.jpg

↑カメラの設定が動いててこんな絵画チックになってたよ。これはこれでいける?

2020-02-01-15.JPG

2020-02-01-16.jpg

さぁ、サツタ峠へ行きますか。

2020-02-01-17.JPG

途中で見つけた桜。もう咲いてるのね。早咲きなのかな。

2020-02-01-18.JPG

清水港にて。

2020-02-01-19.jpg

清水といえば、ちびまるこちゃん。

2020-02-01-20.jpg

またまた桜(たしか土肥桜ってお知らせが)

2020-02-01-21.JPG

清水魚市場「河岸の市」のいつもの店で早めのお昼。ん?いつもの定食が無くなっていて値段も上がってる。う〜ん、次回はどうしようかなぁ。

2020-02-01-22.JPG

清水駅の裏道を通ってる時に出会いました。地元のおっちゃん、まさかこんな所で会うとは!貴方と私は赤い糸で結ばれているのかな?まさかね。でも偶然だよなぁ。朝比奈川の河津桜がいい感じって言ってたけど今日は富士山デーってことでパス。

2020-02-01-23.JPG

で、サツタ峠へ。ちょっと山道を自転車を担いで上がったので汗だくです。

2020-02-01-24.JPG

2020-02-01-25.JPG

2020-02-01-26.JPG

2020-02-01-27.JPG

2020-02-01-28.JPG

いつ来てもいいところですよね。(富士山が見えてれば…)

2020-02-01-29.JPG

こんなん売ってます。おいしいらしい。

さぁ、由比側に下りて海沿いに走り興津川を渡り興津駅に向かいます。

2020-02-01-31.JPG

2020-02-01-32.JPG

あ、そうそう、久しぶりに興津のたいやき屋さんへ。なんかあんこの量が減った?(個人的感想です。)

興津駅から電車に乗り豊橋まで。興津発14:24の電車は興津が始発で豊橋まで乗り換えなしで行けるので楽ちんですね。

2020-02-01-33map.jpg

コースはこんな感じ。距離は約50キロ。なんで清水辺りあんなに暖かいんだろ?うらやましいなぁ。久しぶりの輪行、久しぶりのライドでした。やっぱり自転車も楽しいね。

おしまい。
posted by 脂身 at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: